つまりなどの問題が起きた時のために洋式のトイレの構造を理解する

ほとんどの家庭では、洋式のトイレが主流となりました。昔使われていた和式の汲み取りタイプより、清潔で使いやすくなっていますが、構造が複雑になっているため、問題が起きた時にどう対処して良いのか、迷ってしまう人も多くいます。

■洋式のトイレの構造

便器の水をすぐに流すではなく、水たまりと呼ばれる部分に一時的に水を流し込む特徴があります。水たまりがあることで、汚物が便器に直接触れるのを避けることができます。さらに、下水管からの臭いが漂わない仕組みとなっています。水たまりに溜まる水の量は、せきの形状などによって決まり、このせきを超える量の水を流すことで、汚物を排水路に流す構造です。水たまりの水位が一定になるように設計されていますので、いつもと違う場合は、排水管 水漏れなどのトラブルが起きている可能性があります。

■メリットとデメリット

洋式のトイレの普及率が高いため、家を建てる時に洋式を無条件で選ぶ人がほとんどです。メリットは、楽な姿勢で用が足せて清潔な状態が保てることです。デメリットとしては構造が複雑になるので、掃除するのが大変であることや、つまりなどの問題が起きた時に、すぐに正常な状態に戻せないことがあります。洋式しか選択肢にないと思っている人も、このようなメリットとデメリットは理解しておかなくてはなりません。

■まとめ
ほとんどの人が使う洋式のトイレですが、その構造を正しく理解していないと、つまりなどが起きた時に、適切な対処をすることができません。業者に修理を依頼するにしても、状況を悪化させないための一時的な対処をするためには、構造などを知っておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ