トイレのつまりの原因がタンクにある場合の対処方法

トイレにつまりなどのトラブルが生じた時に、自分で何とかしようと思って、闇雲にタンクから便器に水を流そうと操作する人もいます。しかし、そうした行為が逆に状況を悪化させることもありますので、注意が必要です。

■タンクの構造

基本的にはレバーを引くことで、排水用の弁が開いて便器に水を流す仕組みです。他にも、水が溜まり過ぎないようにするボールタップや、水が溢れるのを防ぐオーバーフロー管なども内部に備わっています。こうした部品が連携して動作することで、適切な量の水を便器に流し、トラブルを回避できる構造です。一つ一つの部品は複雑な構造や機能を備えたものではないので、長期間安定して使えるものとなっています。複数の部品を使っていますが、分かりやすい仕組みで動くように設計されています。

■正常に動作しない時は?

つまりなどの原因がタンクにあると考えられる時は、内部を詳しく観察すると、問題を起こしている箇所を発見することができます。内部の部品が壊れてしまい、トラブルとなるケースが多くあるので、まずは部品が故障していないのを確認するのが第一です。何が原因となっているか分かれば、自分で簡単に修理できる場合もあります。しかし、タンクの内部が確認しにくい場所にあったり、自分では見ても分からないと思った時などは、無理して何とかしようとせずに、修理の専門家に来てもらうのが賢明な選択です。

■まとめ
何気なく使っているトイレのタンクですが、複数の部品を使った複雑な構造となっています。水道の蛇口とは違って、いくつもの機能を備えています。理解しておくことで、トラブルが起きた時に上手く対処することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ