トイレのつまりの原因が排水部分にある場合は?

排水部分が問題となっているトイレのつまりの原因があります。目で見える部分であれば、どのよう対処すればすぐに分かりますが、見えにくい排水の部分の場合は、簡単には調べられないので厄介です。

■なぜトイレがつまってしまうのかその原因とは

トイレは、便器から排水路を経て汚物を捨てる構造となっています。そのため、つまりなどによって正常に排水できないと、便器や排水管の水漏れなどのトラブルが起きます。よくあるケースが、一度に大量にトイレットペーパーを使ったり、流すべきではないものを無理に流してしまうなどです。
水に溶けるように作られているトイレットペーパーであれば、時間が経つと水に溶けてつまりがなくなる場合もありますが、それ以外の水に溶けないものが原因となっているケースは、排水管 水漏れなどが起こり、自分では治せないケースが多いです。。

■どのような症状なのか把握する

トイレがつまった原因を知るため症状を把握することが重要です。排水部分に問題あるような場合でも、便器の水位が低い、または高い、便器内に汚水が逆流するなど、さまざまな症状があります。何度も水を流せば大丈夫だろうと、状況がきちんと分からないまま行動してしまうと、水漏れ原因となりますから、落ち着いてどのような状態なのかを調べることが重要です。状態を把握して原因が分かったら、自分で作業して解決できる場合もありますし、修理を専門とする業者に相談するのが適切なのかを判断できるようになります。

■まとめ
突然発生するトイレのつまりは、大抵の人は驚いてしまいます。特に排水に関わるトラブルの場合は、原因が分かりにくいので、修理業者に任せるのが適切な選択です。専門的な知識と豊富な経験に基づいて、困った状況を解決してもらうことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ