トイレのつまりには複数のタイプがある

トイレがつまった時は、すぐに適切な対応しないと、正常に使えないだけではく、問題が大きくなってしまうことがあります。しかし、原因や症状は一つではありませんので、どのようなタイプのつまりがあるのかを、まず知っておくことが肝要です。

■どのようなタイプがあるのか

良くあるケースが、水を流そうとしても、水がそのままで流れて行かないというものです。無理して流そうと水の量を増やすと、行き場のなくなった水が便器から溢れる状況を招いてしまいます。便器内に溜まっている水の量がいつもと違う時も、つまりが疑われるケースです。排水管の奥から、変な音が聞こえるなどした場合も、つまりが原因であることも考えられます。トイレに問題が発生した時には、無暗に行動しないで、詳しい状況を把握するべきです。

■つまりの原因をどのように調べるか

つまってしまった状況を改善しようとする前に、つまりの原因を突き止めるのが先決です。何か便器に落としてしまったり、流すことができない紙を流したと分かっていれば原因はすぐに分かりますが、自分でも知らない間に落としてしまっていることもあります。トイレ内に置いてあったものやポケットからなくなったものはないかを確認しましょう。トイレ自体に問題があるケースもあるので、設置してからの年数を確かめておくと、修理業者に相談する時に役に立ちます。

■ まとめ
トイレのつまりは、誰もが簡単に問題を処理できるように感じられますが、実際にトイレの問題を対処するには、専門的なスキルが要求されることも多いです。つまりの原因を調べると共に、修理を専門とする業者に連絡して来てもらうことも考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ